RSpec on Railsnの写経です。

 lambdachangeマッチャは面白い、というか、まだよく理解出来てない

  • 値の変化を評価する場合使う
  • メソッドチェインなし:とにかく何かが変わった
  • by(value):1個増えた
  • from(old).to(new)
  • to(new)
  • changeにブロックを渡す場合、do .. endはサポートされない

成果物はこれ。

image


追記

Viを使ってるので、Unite.vimの設定をちょっと見なおした。正直に言うと、今までは、Uniteはあんまり使ってなかった、すみません。どんどん写経すると、やはりバッファだけではなく、カレントフォルダのファイル一覧も欲しくなるので、修正しました。

noremap <C-P> :Unite buffer file<CR>