久しぶりにYokohamarbの勉強会に参加しました。

いつものどおり、自己紹介→Rubyレシピブック読書会→LTの流れ。

自己紹介

  • 希望として、話せるネタや「お寿司のネタ」 ←これは盛り上がった!

Rubyレシピブック

  • 本を持ってない+目が弱くて、あんまり見えなかった
  • 時間がちょっと経ってから、@1syo さんのすぐそばに移ってから、若干見えるようになった

LT1 Rails Conf2012

  • github:newhavenrb
  • トレンド
    • 分散処理:MBQ
    • JavaScriptのお話し
    • テストなどは既に当たり前になってるので、意外にトレンドに乗れなかった
  • Chanko ?
    • 初めて聞いたので、後で調べる
  • 後半は写真を見ながら説明していただいた
    • 料理はまずかったそうです。

LT2 Rails開発環境

  • MacOS Vim Screen Git
  • Test 「これらのgemがないと、開発は進められない」
    • RSpec
    • Cucumber
    • Pry
    • guard
  • gitの便利設定
  • Demo

LT3 Ruby Motion

  • Docはまだ最低限だけ
  • Motionコマンドで作業
  • specサブコマンドがある。
    • ただし、どのインスタンスがあるかどうか・メソッドが呼ば出されるかどうかなどで確認できるが、UIの自動テストはできないので、UIAutoMationを使わないと無理っぽい
  • 名前付きパラメータが使えるように拡張される
    • ただ、拡張の部分はアプリに配布されないそうです
  • 変数の型は無視していい。
  • Viewのデバッグ操作が出来て、より使いやすくなる

LT4 Haskell言語

  • Web Framework
    • PFM
    • セキュリティ
    • Routeを定義して保存すると、コンパイルされる
  • Haskell
    • コンパイル時メソッドなどを生成するので、実行PFMがいい
  • この辺は全く分からないので、後で調べる

  • TODO : Emacs で階層を色付けするのは?
  • TODO : Emacs で折り畳み・展開
  • TODO : cdの後自動的にlsを実行数するのは?
  • TODO : Parse.com ??
    • プロトタイプ作成の補助?