ネタもと:如何对某一点知识进行深入学习——从《程序员的思维修炼》中SQ3R阅读法想到的

SQ3R読書法とは

  1. Survey - 概観
  2. Question - 設問
  3. Read - 読む
  4. Recite - 暗唱、まとめ
  5. Review - 復習

普通の読書よりいいところは?

  • 実は、読書は非常に非効率の学習方法である。
    • 言葉の処理は、頭の処理の非常に小さい一部にすぎない
    • 言葉で説明しにくい場合、画像ですぐ分かる事も珍しくない
    • 実は、大脳が一番得意のは模倣である
  • 非効率なのに、読書をする理由は?
    • ほとんどの場合は、模倣の環境がないからだ
    • なので、実際は、読書しかないからだ
    • 十何年を経つと、幸い、読書の効率はだんだん上がってきた
  • SQ3Rは
    • 1で全体の流れを把握出来る
    • 2で必要がない部分を飛ばす事が出来る
      • 例え、旅行に行く時に、一番速い交通手段で、一番短い経路で、一番ステキな風景だけを見るでしょう
      • 通らないといけない道もあるが、それは目的に行けるためである
      • 読書も、前書き・後書き・感想なども読むが、最終の目的は、問題の解決策を見つけるためだ
    • 4と5は、問題の解決策を、まとめ・復習によって、自分のスキルになる

技術本を読む場合

  • 精読じゃないとダメの暗黙な前提
    • まぐれ:この本には、すごく価値がある箇所があるかもしれない
      • 実際は、こういう確率は低いです
    • 安全:今後使うかもしれないので、すべての箇所を読まないと行けない
      • 確率は確かにありますが、効率上では、大丈夫
      • 「今年は中国のどこかで地震が発生すると推測したら、今すぐ中国を逃げないと行けない」?
  • なので、実際は、精読はいい方法ではない

まとめ

  • 最近確かに本がだんだん溜まってしまって、あんまり読み切れなくなってる
  • 上記のすべてを賛成するわけではないが、読書の効率を改善する必要がある
    • 目次で全体を概観して、設問してから読むのは、間違いないと思う
    • 精読じゃないとだめの暗黙の全体は、自分的には、両方とも当たり
  • しばらくは、SQ3Rを試してみる