「MiSTEL BAROCCO MD600」キーボードが届きましたので、初回のレビュー

全体印象

  • HHKBを分離式にしただけの感じ

ErgoboxEZとの比較

最近半年ぐらいはErgoboxEZを使っているので、いわば「普通のキーボードはもう使えない」程度なので、今回のそこはちょっと違和感を感じました

  • ErgoboxEZのキーの縦方向は直線になっているので、それを慣れていると普通のキーボード(HHKBも含めて)はなれない
  • 今更だが、ErgoboxEZのキーは、普通のキーボードよりちょっと大きいか、キーの間の間隔がちょっと大きい気がする。なので、MiSTEL BAROCCOのような普通のキーボードを使うと、狭く感じてしまう

普通のキーボードとの比較

  • 「`~」キーはないので、下記になってる
    • Shift + ESC で ~
    • FN + ESで `
  • FNキーの1つだけ、さらに、右下に置かれているので、FNキーをよく使う人なら不便かも
  • 2つの部分を連結するケーブルは短い
    • 普通に分けてタイピングするには問題ないですが、たとえMacBookProを跨いで使いたい場合無理かもしれない
    • ばねのようになっている部分を強く伸ばせばできるかもしれないが、おそらく今の状態に戻れないので、まだやってみてない
  • 腕の
  • Layerのカスタマイズ周り
    • Layerはデフォルト+3つがあるが、カスタマイズできるのはデフォルト以外のLayerだけ
    • カスタマイズのやり方は理解しにくい、やりづらい

しばらくはフルタイムで使ってみる