読書記録

大まかな感想

  • 作者のほうは、会社でクラウドツールがいっさい使えない為、いろいろ手帳で頑張っていますね。(会社は厳しすぎますね)
  • なので、作者のワークフローをマルごとにコピーするじゃなくて、自分の環境に合わせて、自分なりのワークフローを決めるほうが望ましい
  • そして、手帳にも限らない。手帳術とは言っても、情報の収集・保持・活用のやり方なので、絶対手帳じゃないとダメのお話しではない

自分なりのメモ

  • 進捗や時間などを目に見えるようにするのは大事。手帳は、1年間の時間、残りの分などを見えるようにする
  • すべては情報である
  • 情報を受け取ってからのワークフローを事前に決めておくこと
  • Inboxはなるべく少なくようにする
  • その上、Inboxをチェックするタイミングも決めておくこと
  • 週間計画 日次計画 日次レビュー 週間レビューをちゃんとやること

自分なりのワークフロー整理

今使っているツール

  • Google Task (Web) + GoTasks (iOS App)
  • Clear
  • Google Calender
  • Evernote
  • Pocket
  • Kindle

今までの問題

  • Inboxが多すぎる
  • 上記のせいで、情報収集はいろいろやってますが、全く整理していない
  • ワークフローがない
    • Inbox整理のタイミングはまったくない
    • Inbox以外のフォルダ・カテゴリはバラバラ

ワークフロー整理

  • 収集道具 PC・MBA・iPhone
  • Inbox Evernote・Pocket ( Read it leater )
  • 遂行・レビュー Google Calender・Google Task・Evernote

MyGTD

次のアクション

  • EvernoteのノートブックをGTDの考えに合わせて整理する
  • 日次・週次の計画・レビューの時間を設ける

以上